納得のいく【スカイラインGTR】の中古車を探したい!




中古車探しのプロが無料で探してくれるサービス

ズバット車販売で新古車を探してもらうタイミングは?&新古車を安く購入する方法!

ズバット車販売で新古車を探してもらうタイミングは?&新古車を安く購入する方法!

 

ズバット車販売で新古車を探す方法と、ズバット車販売で新古車探しを依頼するタイミングについて詳しく紹介しています。そのタイミングは4つあります。いずれも、メーカーと新車ディーラー、そして中古車販売店のいろんな思惑が絡んでいます。合わせて、新古車を安く購入する方法も紹介していますので、良かったら参考にして下さい。

 

 

ズバット車販売で新古車を依頼する方法!

 

まずは「ズバット車販売で新古車を依頼する方法!」を簡単に紹介します。新古車のほとんどが「非公開車両」として取引されることが多いので、ズバット車販売で“新古車を探してもらう方法”を知っておくと見つかるチャンスがグッと上がります。

 

新古車を依頼する方法は、とても 簡単 です!

 

ズバット車販売の依頼フォームにある必須項目を記入したら、最後の「要望欄」(下記の画像の赤丸の部分)に、この様に記入すればいいだけです。

 

『新古車を探しています。』

 

 

スマホ画面では

 

 

 

パソコン画面では

 

 

たったこれだけです!

 

たったこれだけで、個人で探すより新古車が見つかる確率が格段に上がります。なぜなら、先ほどもお話しした通り、中古車探しのプロ集団だけが持っている「非公開車両」から探してくれるからです。

 

そして、なぜ「ズバット車販売に新古車探しを依頼するのか?」というと、ズバット車販売の「提携パートナー」が中古車買取販売の国内最大手企業となる「ガリバー」なので、全国にある最新の「新古車」情報をいち早く入手することが出来るからです。

 

 

「ズバット車販売」に“新古車”探しを依頼する。

 

 

 

ページTop

 

ズバット車販売で新古車を探してもらうタイミング

 

それでは、ズバット車販売で新古車を探してもらうためのタイミングについて詳しく紹介していきます。全国に約415店舗以上展開している中古車買取販売の国内最大手「ガリバー」と言えども、あなたが希望している車種の「新古車」の在庫をたくさん持っているわけではありません。

 

なぜなら、「中古車」と違って「新古車」の場合は、年間で中古車市場に出てくるタイミングがあるからです。ほとんど出てこない時期に、ズバット車販売に『新古車を探しています。』と依頼しても、そもそも在庫がまったく無い状態なので探せないのが現状です。

 

なので、「新古車」探しをズバット車販売に依頼するあなたも、新古車が出てくるタイミングをある程度把握した上で依頼した方が、見つかる確率がグッと上がるわけです。

 

それでは、『ズバット車販売で新古車を探してもらうタイミング』いついて見ていきます。

 

 

ページTop

 

ズバット車販売[新古車]依頼時期【1】4月5月に向けて!

 

まず、「新古車」が出回るのはどういう時かというと、そのほとんどが新車ディーラーが売上目標台数を達成させるためにメーカーに注文した時になります。その他で言うと、キャンセル車、展示車、ユーザーが購入してすぐに手放した車となりますね。

 

その中で、「新古車」が出回るタイミングが明確に予想できるのが、「新車ディーラーが売上目標台数を達成させるためにメーカーに注文したクルマ」です。なぜなら、中古車市場に「新古車」として販売することを前提に注文しているからです。なので、新古車のカラーやグレードもいろいろ出回るのが予想されるわけです。

 

 

 

そんな新古車が年間で“一番出回る”のが「4月5月」となります。

 

 

 

なぜなら、新車ディーラーにとっては3月が期末決算でどうしても売上目標を達成してメーカーから報奨金をゲットしたいからです。そのために、「新古車」販売を前提にまとまった注文をするからなんです。

 

その「新古車」販売を前提に注文したクルマ達を登録して完成車(=新古車)となって出回ってくるのがだいたい「4月5月」に集中してくるとなるわけです。

 

そして、新古車の販売は新車ディーラーではなく中古車販売店か行うので、中古車販売店は前もって「新古車を探して欲しい!」と依頼を受けているユーザーに片っ端から「新古車」情報を流すわけです。

 

 

なので、この流れから『ズバット車販売[新古車]依頼時期【1】4月5月に向けて!』のタイミングとしては、2月3月中にはズバット車販売に『新古車を探しています。』と依頼をしておいた方がいいことになるわけです。もっと具体的に言えば『4月5月に出回る新古車を探しています。』になりますね。

 

 

ページTop

 

ズバット車販売[新古車]依頼時期【2】10月11月に向けて!

 

次のタイミングの狙い目となると、やはり9月の中間決算ですね!新車ディーラーにとっては、上半期の大切な決算になります。なので、同じように、上半期の売上目標を達成するために「新古車」販売を前提にメーカーに注文するわけです。

 

 

 

ということで、
新古車が年間で“2番目に多く出回る”のは「10月11月」になります!

 

 

 

ただ、この9月の中間決算では、3月の期末決算のときほどの注文はしません。なので、「新古車」が中古市場に出回る台数も「4月5月」に比べると少ないですね。必然的に、カラーやグレードも限られるわけです。

 

 

なので、先ほどの流れから『ズバット車販売[新古車]依頼時期【2】10月11月に向けて!』のタイミングとしては、8月9月中にはズバット車販売に『新古車を探しています。』と依頼をしておいた方がいいかもとなります。さらに具体的に言えば『10月11月に出回る新古車を探しています。』になりますね。

 

ただし、10月11月に向けての新古車は出回る台数も少なくなるのでの、条件に幅を持たせていた方がいいですね。

 

 

ページTop

 

ズバット車販売[新古車]依頼時期【3】7月12月に向けて!

 

ここまで、新古車の出どころとなる「新車ディーラー」にスポットを当ててきましたが、次は「中古車販売店」にスポットを当ててみます。

 

先ほども説明した通り、新古車を売るのは「中古車販売店」になります。なぜなら、新古車は「中古車扱い」になるからです。

 

そこで、中古車販売店が年間でクルマの販売に一番力を入れる時期を考えてみます。もうお分かりの通り、「夏のボーナス時期」と「冬のボーナス時期」ですね!

 

 

 

ということで、
新古車が年間で“3番目に多く出回る”のは「7月12月」になります!

 

 

 

ちょっと言い訳になりますが、正確には「3番目に多く出回る」ではないですね!これまでの比較でこんな表現にしただけです。

 

現実には、「7月12月」に新古車が「非公開車両」として良く売れる、となりますかね。中古車販売店としても新古車の希望がある自分の顧客から優先して情報を流しますので、中古車雑誌やネットで公開する前に売れてしまう可能性があるわけです。

 

中古車販売店も、夏と冬のボーナス商戦に向けていろいろな所から新古車を集める動きを取るので、「7月12月」に「新古車が多く出回る」という意味は正しいですが、そのほとんどが「非公開車両」として取引されるため一般人が目にすることはほとんどないと思った方がいいですね。

 

 

なので、何の伝手もないあなたがすることは、「非公開車両」から中古車を探してくれる中古車のプロ集団「ズバット車販売」に依頼すればいいわけです。

 

ということで、『ズバット車販売[新古車]依頼時期【3】7月12月に向けて!』のタイミングとしては、「5月6月」中または「10月11月」中にズバット車販売に『新古車を探しています。』と依頼をしておいた方がいいとなります。さらに具体的に言えば『7月(または12月)に出回る新古車を探しています。』になりますね。

 

 

ページTop

 

ズバット車販売[新古車]依頼時期【4】モデルチェンジ!

 

4番目のタイミングとして紹介するのが「モデルチェンジ」時期です。もっと正確に言うと、人気のある車種の「モデルチェンジ」をした後となりますね。かなりピンポイントで限られてしまいますが、でも、新車ディーラーは人気のある車種がモデルチェンジする直前にその人気車を何台もメーカーに注文することがあります。

 

実はこれは、メーカー側にも事情があるんです。旧タイプとなってしまうクルマのパーツや部品をモデルチェンジ前に使い切りたいわけです。いわゆる、生産ラインを入れ替える前に旧タイプの在庫をなるべく無くしたいわけです。

 

そんなメーカー事情に新車ディーラーも付き合うしかないわけです。であるなら、「新古車」販売を前提にした人気車種を注文するわけです。

 

 

 

こんな事情から、
新古車が年間で“4番目に多く出回る”のは「モデルチェンジした後」となります!

 

 

 

ただ、新車ディーラーとしても、人気車種がモデルチェンジする前は売上台数を上げられるタイミングでもあるので、割引きや特典を付けて必死に販売していきます。ですから、「モデルチェンジした後」にその車種の旧タイプが新古車として出回るは、新車ディーラーに販売力に左右されることになります。

 

ということで、『ズバット車販売[新古車]依頼時期【4】モデルチェンジ!』のタイミングとしては、「モデルチェンジの情報をゲットしたタイミング」でズバット車販売に『新古車を探しています。』と依頼をするとなりますね。はっきり言ってここまでくると、かなりのクルマ情報通でないと出来ないことだと思います。なので、ズバット車販売には『モデルチェンジした後の新古車を探しています。』として気長に待つしかないかも知れませんね。

 

 

ページTop

 

新古車を出来るだけ安く購入する方法!

 

お気に入りの「新古車」が見つかったら、次は「価格交渉」になりますね。購入するなら、出来るだけ安く購入したいのが消費者の心理です。

 

そこで、新古車を出来るだけ安く購入する方法について、まずは結論から先にお話しします。

 

 

 

『新古車の本体価格から、大幅な値引きは期待できない!』です。

 

 

 

「え〜、なんだよそれッ!」と聞こえていそうですが、現実はそうなんです。

 

これは、店頭販売の新古車でも、ネット販売の新古車でも、本体価格からの大幅な値引きは期待できません。なぜなら、中古車販売店が新車ディーラーから新古車を仕入れる際、あまり利幅が取れない仕入価格で購入しているからです。新車ディーラーも、メーカーに新車と同じ高い仕入金額を支払っていますからね。

 

なので、新古車の本体価格から気持ち程度の値引きはしてもらえるかもしれませんが、ほとんどの場合、値引きは難しいと思った方がいいです。

 

 

 

そこで・・・

 

新古車を出来るだけ安く購入するには、乗り換える車がある場合、その車を出来るだけ高く売却するに限ります!

 

そのためには、最低でも3社の中古車買取の専門業者に「買取査定」をしてもらうことがとても大切です。決して1社だけで決めないで下さいね!

 

 

「そんな車の買取査定なんてやったこともないし、何だか面倒だなぁ!

 

そこでおススメするのが「中古車買取の一括査定サイト」です。それは、ネットを活用してたくさんの中古車買取業者から一括査定を受けられるサイトのことです。

 

この一括査定サイトを使えば、あなた自身が中古車の買取業者を探して1店1店回る必要がありません。そんな時間すら取れないという方には大変に便利なサービスです。

 

 

 

そんな一括査定サイトの中では、『ズバット車買取比較おススメです!

 

 

 

この「ズバット車買取比較」には、高く中古車の買取をしてくれる中古車買取業者が多数登録されています。たとえば、「ガリバー」「カーセブン」「ビッグモーター」「アップルワールド」など、200社以上の専門業者が登録しています。

 

なので、あなたの愛車の高額査定が期待できるわけです!その分、新古車が安く購入できるわけです。

 

 

そのために・・・

 

できるだけ多くの買取専門業者にあなたの愛車を査定してもらうことが重要になってきます。なぜなら、専門業者によって「今、その時に欲しい中古車」が違うからです。だから、査定依頼の段階で買取価格に大きな差が出るんです。

 

 

そこで・・・

 

「ズバット車買取比較」に依頼すると、“最大で10社の業者”があなたの愛車を無料査定してくれます。たとえば、ホンダのオデッセイで55万円も得をした事例があるそうです。(事例引用:公式サイトより)

 

あなたは、愛車の査定価格を比較して、一番高く買取ってくれる業者に売却すればいいわけです。

 

下記の画像が、「ズバット車買取比較」で愛車の査定依頼をするときの画像です。

 

 

スマホ画面では

 

 

 

パソコン画面では

 

 

 

 

もちろん、査定依頼は「無料」です。入力は「45秒」で完了します。

 

「ズバット車買取比較」に愛車の買取査定を依頼する。

 

 

 

 

ページTop

 

新古車にするメリットとデメリットを知っておく!

 

最後に、新古車にする「メリット」と「デメリット」について簡単に紹介します。考え方はいろいろあるかも知れませんが、「新古車」を前提にクルマを探す時の参考にして頂ければと思います。

 

 

■新古車にする「メリット」

 

 

1.納期が早い!

 

新古車は中古車扱いになるので納期は早いですね。あくまで新車と比べてとなりますが、新車同様のクルマがすぐに乗れるのは嬉しいです。

 

 

2.税金面でとても有利!

 

まず「自動車重量税」ですが、本来ならクルマを新規登録した時と車検の時に支払う税金になるんですが、新古車の場合は、新車ディーラーが自社で既に登録済みとしているので支払う必要がないんです。これは大きいですね!

 

また「自動車取得税」ですが、新古車は中古車扱いとなるため中古車の税率で計算されます。なので、新古車の場合は1年未満の中古車なので、税率は「68.1%+消費税」となりますね。ちなみに新車の場合は「(90%+オプション価格)+消費税」となるので、新古車の税金面がいかに安いかが分かります。

 

 

3.新車同様!

 

新古車が人気なのは、やはり「新車同様」であることですね!どんなに「中古車扱い」と言われても、それは手続き上のことであって、納車されたクルマを見ればどこから見ても「新車」です!もちろん、走っている姿を他人が見ても「新車」です!これは、「新古車」にこだわって探してきた苦労が報われた瞬間だと思います。

 

 

 

いい気分になっていることろで申し訳ないですが、次に新古車にする「デメリット」を紹介します。

 

 

■新古車にする「デメリット」

 

 

1.車検が短い!

 

あくまで、新車と比べて車検が短いということです。なので、本物の中古車と比べれば車検が長く残っていると言えるかもしれませんね。

 

それではなぜ新車と比べて車検が短くなってしまうのかというと、新車ディーラーがそのクルマを登録した後、まだしばらくは在庫として残しておくからです。

 

確かに、「新古車販売」前提でメーカーから買っていますが、新車ディーラーは新車を売ることを最優先にするため、数ヶ月倉庫に寝かせた後、中古車市場に流して一気に在庫処分をするわけです。なので、その分、車検が短くなってしまうわけです。

 

 

2.選べない!

 

この場合の「選べない!」は、「車種」「カラー」「グレード」が思うように選べないとなります。これは、新車と比べても、中古車と比べても、希望する新古車は思うように選べません!

 

なので、どうしても「新古車」にこだわるのなら、あなたが探している新古車の条件を緩める必要が出てきます。条件の幅を広くして、その条件に入った新古車は見つかったら「取りに行く!」くらいでちょうどいいのかも知れませんね。

 

 

3.見つからない!

 

これは、あなた一人の力で新古車を探そうとしても、まず「見つからない!」という意味です。新古車を本気で探す場合は、中古車の買取と販売を専門にしている業者の力を借りない限り、本当に見つかりません!

 

ネットと物流がこれだけ進化している時代ですから、新古車は「非公開車両」として全国の業者間で十分に取引できるわけです。さらに、それだけの価値があるクルマですから、素人のあなたが個人の力で新古車を探そうとするのは無謀と言えるかもしれませんね。

 

 

 

新古車にする「デメリット」の部分に少し力が入ってしまいましたが、でも『2.選べない!』と『3.見つからない!』については、ここで紹介している「ズバット車販売」を利用すれば、そのほとんどの部分を解決してくれます。

 

なぜなら、ズバット車販売では、毎日約「500台」の入荷車両の情報が全国から集まってくるからでする。その上、そのほとんどが、中古車市場に出回る前の「非公開車両」になり、当然その中には「新古車」情報も含まれているからです。

 

であるなら、クルマ探しのプロにお願いしてしまった方がいいに決まってます!あなたは希望するクルマ情報を入力したら、あとは連絡が来るのを待つだけでいいんです。こんな楽なことはないですね!そのため、忙しくてなかなか車探しができない方が気軽に利用しているんです。

 

もちろん、連絡が入ったからと言って、提案されたクルマで契約しなければならないことは一切ありません。あなたが納得いくまで検討していいんです。そして、あなたの希望に近いクルマが見つかると、また連絡を入れてくれます。

 

 

「ズバット車販売」に新古車探しを申し込む。

 

 

 

 

ページTop

 

まとめ

 

『ズバット車販売で新古車を探してもらうタイミングは?&新古車を安く購入する方法!』ということで、ズバット車販売で新古車を探してもらう4つのタイミングと、新古車を安く購入する方法も紹介について、詳しく紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

 

ズバット車販売で新古車を探してもらうのは大正解です!ただ、あなたの希望に「100%」合った新古車となるとちょっとハードルが高いかも知れませんので、少し条件に幅を持たせておくと見つかり易いかも知れませんね。

 

 

最後にもう一度、
「ズバット車販売」と「ズバット車買取比較」の公式サイトをご案内しておきます。

 

「新古車」探しを申し込むのはこちらです。
「ズバット車販売」の公式サイトで「新古車」探しを申し込む。

 

愛車の無料査定を申し込むのはこちらです。
「ズバット車買取比較」の公式サイトで愛車の無料査定を申し込む。

 


運営者情報


スカイライン【GTR】中古車のクルマ探しにお悩みなら!

納得できるスカイライン【GTR】の中古車を探してもらう「中古車無料お探しサービス」があるんです。

スカイライン【GTR】の中古車を探すといっても、自分が希望するクルマって思うように探せないのが現状ですよね!これは無理もないんです!なぜなら、あなたが見ている中古車情報は全体の30%に過ぎないからなんです!

残り70%の中古車は、専門業者の間で非公開情報として一般より先に取引されているのが現状なんです。そんな非公開車両の中から、あなたが納得できるスカイライン【GTR】の中古車を紹介してくれます!

さらには「きるだけ高年式のクルマを!」「キズやヘコミがない車がいい!」「年式は新しく色は黒を希望!」などなど、あなたの「わがまま」もとことん聞いてくれます!

「中古車無料お探しサービス」の公式サイトはコチラ

※最長10年保証で修理歴中古車なし、おまけに返品サービス付きは驚きです!



●要望があった新古車が出回る時期と依頼するタイミングについてまとめてみました。新古車を探すとき、参考にしてみて下さい。

ズバット車販売で新古車を探してもらうタイミングは?&新古車を安く購入する方法!
新古車が出回る時期には4つのタイミングがあった!依頼したら連絡を待つだけ!